施術・美容・トレーニングの融合で健康と美容を提供致します。

スポーツ鍼灸

スポーツ鍼灸の治療について

スポーツ鍼灸

スポーツ外傷

スポーツによるケガには2種類があります。1つはスポーツ外傷、いわゆる「ケガ」です。
例えば、骨折・脱臼・突き指・捻挫のように、急に強い力が体に加わったことにより発生するケガをスポーツ外傷といいます。
スポーツ外傷の場合の治療は、RICE処置が有名です。英語の頭文字をとって名付けられた処置ですが、安静(Rest)、冷却(Icing)、圧迫(Compression)、拳上(Elevation)の4つから成り立ちます。

簡単にいうと、患部を冷やしたあとに、包帯などで圧迫し、患部を心臓より高い場所に保ちつつ安静にするといった処置です。
RICE処置により、腫れや痛みなどの炎症を抑えることができます。
当院ではスポーツ外傷に対して、RICE処置を行いつつ、周辺部位に鍼灸施術を行うなどの補助的な施術を行います。

また、当院院長は柔道整復師の免許を保有していますので、スポーツ外傷に対しては応急処置を行い、医療機関との連携を行うことが可能です。
スポーツ外傷の治療の原則は「安静にして医療機関を受診すること」です。
捻挫だと思っていたら骨折をしていた、突き指だと思っていたら腱が切れていたなど様々なケースがありますので、整形外科を受診し医師による診断を受けたうえで、補助的に鍼灸施術を併用することをおすすめします。

スポーツ障害

スポーツによるケガのもう1種類はスポーツ障害です。
スポーツ障害は、スポーツ外傷のように急に強い力が加わり発生するのではなく、弱い力が長期間加わったことにより発生するのがスポーツ外傷です。
スポーツ外傷で有名なものとして、シンスプリント・ランナー膝・野球肘・野球肩・ゴルフ肘・テニス肘・ジャンパー膝・オスグットシュラッター病などが挙げられます。
いずれも、継続的なスポーツ活動による疲労やダメージの蓄積により発生します。

スポーツ障害の難しいところは、痛みがありながらもスポーツ活動ができてしまうため、スポーツ活動を中止して治療に専念することができにくいという点です。特に、部活動でスポーツを行っている学生に多くみられ、「練習を休むと試合にでられないから休めません。」「練習を休むとメンバーから外されてしまう。」このような悩みを抱える方は多いです。
もちろん、絶対に安静にしなくてはいけない時期の場合は強く安静を勧めますが、練習を休めない気持ちも痛いほどわかります。
当院では、選手や学生の意思を尊重し、いかにして練習と治療を継続させるかを話合いながら決定していきます。