各分野のスペシャリストによる鍼灸・マッサージを提供

病気の原因

こんにちは!

東洋医学的鍼灸部門担当の長谷部です。

 

本日は“病気の原因”について

お話させていただきます。

 

ここで言う病気とは

〇〇病といった診断名のついたものだけでなく

身体の不調全般のことを意味しています。

 

東洋医学では病気の原因は

主に以下の3つに分かれると考えています。

・外因

・内因

・不内外因

 

・外因

外部環境からの原因で

気候の影響などを受けたために

不調になったと考えます。

この気候の特徴を“風・暑・湿・燥・寒・熱(火)”の6つに分け

六淫と言ったりもします。

またこの六淫と

身体に悪影響を及ぼす気(邪気)とを

合わせて風邪・湿邪などと言ったりもします。

 

・内因

身体内からの原因で

とくに感情(メンタル)の影響などで五臓六腑のバランスを崩し

不調になると考えます。

この時の感情を“怒・喜・思・憂・悲・恐・驚”の7つに分け

七情と言ったりもします。

 

・不内外因

内因でも外因でもない原因で

日常生活の不摂生(偏向食、睡眠不足など)

過労(仕事・遊びのやり過ぎ)

外傷(ケガ)  寄生虫

などが当たります。

 

東洋医学的鍼灸では

根本を治すこと(根本治療)に一番重きを置いています。

 

今までお話した“気・血・水”に異常が起こった要因や

五臓六腑のバランスが崩れた要因を

上記のように分けながら

細かく確認していき

その原因に一番合った施術法を行うことで

お身体の不調を改善に導いていきます。

 

ここまでお読みいただきましてありがとうございました!

 

 

 

ディエタ立川院

東洋医学的鍼灸部門担当 長谷部 貴大

一覧