各分野のスペシャリストによる鍼灸・マッサージを提供

気・血・水(津液)の水(津液)のお話

こんにちは!

東洋医学的鍼灸部門担当の長谷部です。

 

今までの投稿で

東洋医学でよく扱われる

気・血・水(津液)という言葉の

気と血についてお話させて頂きました。

 

そこで本日は

水(津液)についてお話をさせて頂きます。

 

この気・血・水(津液)の水(津液)とは

身体の中の血液以外の水分を指しています。

 

リンパ液、汗や尿、涙や唾液、関節液など

身体の水分には様々なものがあります。

 

なので

水(津液)の状況に異常が起こっても

様々な症状を引き起こします。

 

よく見かけられるのは

水(津液)の巡りが悪くなることなどで起こる

浮腫み(むくみ)の症状です。

 

また身体の水(津液)が不足すれば

目や喉が渇きやすい

肌がカサカサするなど

乾燥する症状が出るようになります。

 

とくに身体が水(津液)不足で

汗がかけなくなってしまうと

放熱(身体から熱を逃がすこと)ができず

熱中症になってしまう危険もあります。

 

逆に

身体の水(津液)が過剰になってくると

だんだんと身体の中に病理物質として

溜まっていきます。

 

この水(津液)の病理物質のことを

東洋医学では湿と呼び

それがずっと溜まると

痰飲(痰・飲)と言われるような

ものになっていきます。

 

身体に湿が溜まると

身体は浮腫みやすく

重い・怠いなどの自覚症状を

感じやすくなります。

 

また痰になってしまうと

上記の症状に加えて

詰まり(喉が詰まる、血管が詰まるなど)の

症状を引き起こすこともあります。

 

また東洋医学では

“怪病多痰”という言葉があります。

ここで言う怪病とは

原因の良く分からない病気のことで

そういった病気に痰が関わっていることが

多いという意味になります。

 

なので

身体の中の水(津液)の状態(過不足や巡り)は

非常に大切なため

東洋医学的鍼灸治療でも

気・血と同様に必ず細かく確認して

施術を行っていきます。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました!

 

 

ディエタ立川院

東洋医学的鍼灸部門担当 長谷部 貴大

一覧