各分野のスペシャリストによる鍼灸・マッサージを提供

①気の働き

こんにちは!

 

東洋医学的鍼灸部門担当の長谷部です。

 

前回

当院の東洋医学的鍼灸施術のベースとなる

中医学でよく出てくる“気”について

①決まった働き(気の作用)がある

②決まった動き(気機)がある

その決まった働き・動きから外れている状態を

③気の異常(気の病)と考える

 

というとこまで

お話させて頂きました。

 

そこで今回は

“①気の働き(気の作用)”について

お話させていただきます。

 

中医学では

身体を巡っている気は

大きく分けると

以下のような5つの働き(作用)がある

と考えられています。

1.推動作用 

2.防御作用 

3.固摂作用 

4.温煦作用 

5.気化作用

 

1.推動作用

気・血・水(津液)を巡らせる働きのことを言います。

この作用がしっかりしていると

いわゆる身体の巡りが良い状態になります。

 

2.防御作用

身体をいろいろなものから護る働きのことを言います。

一般的に言われる、免疫力や抵抗力とほぼ同じ意味で

この作用がしっかりしていると

カゼなどの病気になりにくくなります。

 

3.固摂作用

身体にものを留めておく働きのことを言います。

この作用がしっかりしていると

例えば

膀胱に尿を留めておけるので

すぐにトイレに行かなくても大丈夫になります。

 

4.温煦作用

身体や内臓腑を温める働きのことを言います。

この作用がしっかりしていると

身体は温かく

内臓腑は活発に働くことができます。

 

5.気化作用

身体の中のものを変化させる働きのことを言います。

この作用がしっかりしていると

例えば

食べたものをスムーズに栄養素に変えられるので

消化や吸収がスムーズに行われやすくなります。

 

 

本日はここまでとさせていただきます。

 

 

次回は②気の動き(気機)についてお話させていただきます。

 

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました!

 

 

ディエタ立川院

東洋医学的鍼灸部門担当 長谷部 貴大

一覧