各分野のスペシャリストによる鍼灸・マッサージを提供

気ってなんだろう?

こんにちは!

東洋医学的鍼灸施術部門担当の長谷部です。

 

以前の投稿で

東洋医学的鍼灸施術についてご説明させて頂いた際に

身体には気・血・水という生理物質があり

その生理物質の状態に合わせて治療を行っていく~

というようにご説明させて頂きました。

 

そこで本日から数回に分けて

この“気・血・水”について

もう少し詳しくお話をさせて頂きます。

 

先ずはじめは“気”についてです。

 

皆さまは

気と聞くとどのように思われますか?

 

怪しいと思われる方もいらっしゃいますか?

 

気ってそれ自体は目には見えないものなので

あるのかないのかよく分からないですよね。

 

でも気という言葉は普段の日常生活でも

よくよく使われていると思います。

 

“雰囲気が良い”とか

“気の合う友人”とか

“元気な子”とか

ですね。

 

上記の三つに共通するのは

見えるものではなく

感じるものです。

 

 

東洋医学的な鍼灸治療でも

この“気”という言葉は

すごくたくさん出てきます。

 

 

僕が行う東洋医学的鍼灸施術は

中医学をベースとしていますので

ここからは少し中医学のお話になります。

 

中医学では

身体には“気”が巡っていると考えており

その“気”が滞りなく巡っている状態が

健康な状態と考えられています。

 

そして

この“気”には

①決まった働き(気の作用)があり

②決まった動き(気機)があり

その決まった働きや動きから外れている状態を

③気の異常(気の病)と考えます。

 

長くなってしまったため、本日はここまでとさせていただきます。

 

次回は

①気の働き(気の作用)について

詳しくお話させていただきます。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

 

ディエタ立川院

東洋医学的鍼灸部門担当 長谷部 貴大

 

 

 

 

一覧