各分野のスペシャリストによる鍼灸・マッサージを提供

嗅覚障害・味覚障害と鍼灸治療

こんにちは!

東洋医学的鍼灸部門担当の長谷部です。

本日は、“嗅覚障害・味覚障害と鍼灸治療”について

お話させていただきます。

 

近年、新型コロナウイルス感染症が大流行し

今現在も猛威を振るっている状況が続いています。

 

そんな中

新型コロナウイルス感染症の後遺症でもある

嗅覚障害・味覚障害について

ご相談をお受けする機会が増えてまいりました。

 

嗅覚障害とは

今まで感じていた匂いが全く分からなくなったり

匂いは感じるものの

分かりにくくなったりするもので

中には

好きだった匂いが臭く感じるようになり

苦手になってしまった

と仰られる方もいらっしゃいました。

 

味覚障害とは

味が全く分からなくなってしまったり

分かりにくくなるもので

すごく薄味に感じるために

食事が美味しく食べられなくなってしまった

と仰られた方もいらっしゃいました。

 

上記の症状は

新型コロナウイルス感染症の特有の症状ではなく

インフルエンザや腸炎といった

新型コロナウイルスではないカゼを引いた際にも

見られることがありますし

実際に新型コロナウイルスは陰性だったものの

カゼ症状を発症後に嗅覚・味覚障害が出てしまった方の

治療をさせて頂いたこともあります。

 

 

鍼灸治療は

こういった嗅覚障害や味覚障害と言った症状にも

効果が見られることがあります。

 

東洋医学では

鼻は肺(呼吸器系)・口は脾(消化器系)

と関係していると考えられています。

 

そして当院でも

肺や脾の機能を整えるアプローチを行うことで

実際に症状が改善・緩和したケースがいくつか見られました。

 

当院の東洋医学的鍼灸施術では

口元や鼻の周りのツボを刺激することで

鼻や口の循環を改善することと

腕や足・お腹・背中にある肺や脾と関係のあるツボ

を鍼灸で刺激することで肺や脾の機能を整え

改善を目指します。

 

 

 

嗅覚障害や味覚障害といった症状に悩まれている方や

上記を読んで気になる方がいらっしゃいましたら

当院にご相談ください。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

ディエタ立川院

東洋医学的鍼灸部門担当 長谷部 貴大

一覧